世界中で人気の高いテディベアのブランド

テディベアとはくまのぬいぐるみのことです。

厳密な定義ではありませんが、大小さまざまな大きさで、ポーズも座ったり寝転んでいたりといろいろなものがあります。くまのぬいぐるみがテディベアと呼ばれるようになったのは、アメリカ合衆国の第26代大統領のセオドア・ルーズベルトに由来します。ルーズベルト大統領が狩りに出かけたときに、クマを助けたことが新聞でイラスト入りで紹介され、それに感銘を受けた人がぬいぐるみをつくり、セオドアの愛称であるテディと名付けたことがその最初とされています。

ちょうどその頃テディベアの代表的なブランドの一つであるシュタイフ社のものがアメリカに輸入され始めたことも、人気につながりました。世界中で人気の高いぬいぐるみですので、多くのブランドがありそれぞれに個性のあるテディベアをつくり出しています。代表的なブランドとしてあげられるのは、ドイツのシュタイフ社です。ふわふわの毛で包まれた全身や黒い瞳などテディベアのイメージそのもののぬいぐるみです。ドイツではハーマン社の製品にも人気があります。

大量生産をせず高品質を保ったものを作り続けていることから人気があります。イギリスではメリーソート社とデパートで有名なハロッズ社が代表的なテディベアのブランドです。メリーソート社の製品ではちょっと丸顔のチーキーと呼ばれるタイプが人気です。これはエリザベス女王に検定されたときに、女王が思わず「チーキー(生意気そう)」とつぶやいたその言葉をモデル名にしたというエピソードが伝えられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *