人気のテディベアブランドの特徴

世界中に愛されているテディベアですが、その愛らしい表情や柔らかな質感は昔から子供に贈るプレゼントとして定番です。

そんなテディベアには様々なブランドがあり、伝統的なブランドのものは質が良いものが多く、丈夫で子供が乱暴に多少扱っても壊れにくいのが特徴となっています。そんなテディベアの人気ブランドとしてあげられるのが、「シュタイフ」になります。1880年にドイツで誕生した会社で、世界で初めてテディベアを作ったと言われています。

現在でも最も人気がある会社といっても過言ではないとされています。一体ごと手作業で丁寧に作られており、その特徴は耳についているタグになります。タグの色の違いによってレアリティが異なり、限定のものにはシリアルナンバーが刻まれた証明書がついています。イギリスの「メリーソート」も人気のブランドになります。特徴は熊をデフォルメしたようなフォルムや表情をしており、耳の位置も頭ではなく耳の横についている独特な作りになっているということが挙げられます。

特に人気なのが頭と耳が大きく生意気な顔立ちの「チーキーベア」です。エリザベス女王が「生意気なお顔ね」と言ったことが由来となっています。日本人の親しみやすい顔立ちのテディベアとしては、「ハーマン・テディ」がオススメです。ドイツの老舗ブランドで、高品質にこだわっておりどのベアも200~500体ほどしか作らず、多くても1000体しか生産していないのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *