葬儀を行うということ

葬儀を行うというのは当然、亡くなったという事で考え始められます。そして、誰かがそうするのだと決めてから行われます。大抵は突然なるのです。準備などはできないものなのです。

現代の医学の発達により大体のことがわかる場合もあり、家族にも或いはなくなる本人にさえ、心の準備や遠くにいる親戚などにもある程度のことが出来る時もあります。しかし、葬儀を実際に行うような事態になると、家族にとってはまるで嵐の中に放り込まれた感じで、故人への哀しみにひたることもままならないようになります。そのような時に葬儀社が大きな役割を果たしてくれます。以前でしたら近所の方達の力を借りて葬儀の準備や段取りを取り仕切ってくれたものです。

葬儀を行う場所も亡くなった方の自宅であったり、会葬者や、遺族に振る舞う料理なども昔からの伝統的なものが多かったのです。近年では親戚や近所の人たちではなく、それを執り行う専門の人に依頼するのが多いのです。亡くなられた方をご自宅に連れ帰ることから、檀家であるお寺への連絡や、親戚への連絡、役所へのいろいろな手続き、そして、通夜、告別式の日取りや場所の決定など、すべてを施主に代わり、してもらえます。故人への思いや、残された遺族にとって心強いことです。

お別れに久しぶりに会う親族も多くいます。その方達にもきちんと接することが出来るように、落ち度なく進めてくれるのです。そして故人に感謝を込めたお別れができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*