葬儀の際の服装マナー

葬儀は突然やってくるものなので、その時に慌てることのないようマナーを覚えておくことが大切です。葬儀に参列することになった場合、基本的に略式喪服と呼ばれるブラックスーツ、ブラックフォーマルと呼ばれるものを着用します。正式のモーニングや和服は、遺族が喪に服していることを意味する正装なので、遺族よりも格式が高くならないよう、参列者側は略式の喪服を着用するのです。葬儀の際の服装は、男性の場合は上下黒のスーツ、黒いネクタイに黒靴、女性の場合は、黒のワンピース、アンサンブルやスーツが通例です。

暑い時期でも式場では黒のジャケットを着用するのがおすすめで、女性は特に肌の露出が高くならないように気を付けます。靴も黒色の派手な飾りがついていないもの、エナメルのような光るものでないものを履き、女性は黒いストッキングを着用します。アクセサリー類も派手でないもの、結婚指輪程度に抑えます。ネックレスは1連のパール以外はタブーです。

派手でないメイクときちんとした髪型で参列します。冬の寒いときは、式場に入るときにコートを脱ぐようにします。屋外での焼香の場合は、焼香の時はコートを脱ぎ、それ以外は着用しても構いません。また毛皮や皮製品は殺生を意味し、忌み嫌われるので避けます。

子どもの場合も、派手な服装は避けます。学校の制服があればそれを着用するのが通例です。ない場合は黒、紺、グレーなどのズボン、スカートに白のシャツやブラウスを着用し、派手な髪飾りなどは避けましょう。遺族や他の参列者に失礼のないよう、正しいマナーを覚えておくことが大切です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*