自然に還るハワイの葬儀

昔のハワイでは、骨を魂が存在していたことを示す最後のものと考えていました。特に身分の高い王族や族長の場合、霊が盗まれるのを防ぐために骨を大切に扱っていました。骨を処理する人は、故人の生前に骨の安置場所を口外しないと約束し、作業は夜間に行われました。当時のハワイの人々にとって、葬儀は大変重要なイベントでした。

現在ハワイは半分近くが火葬で、昔の習慣の名残はありません。現在のハワイの葬儀は生きていたことを祝福する儀式として扱われます。悲しみに耽るだけでなく、故人の新たな旅立ちを記念して、皆で泣いたり笑ったりします。葬儀では唄やフラダンス、ビデオショーなどを行います。

進行は静かに遂行されますが、死者を称えるために様々な趣向を凝らします。ハワイの葬儀では、日本のように黒い服を着るという概念がありません。男性はアロハシャツ、女性はハワイの伝統的な衣装であるムームーというワンピースを着ています。赤色や黄色などカラフルな衣装を着て参列します。

ハワイアンジュエリーで、華やかに着飾ります。最近は遺族は故人とお揃いのコーディネートを楽しむのが流行っており、人気のブランドまであります。棺の中はマイレレイなどの色鮮やかな花を入れます。多くのカヌーで海に行って散骨したり、セスナに乗って上空から散骨したりします。

ハワイには自然から生まれて自然に還るという考え方があり、散骨は自然に受け入れられています。参列者はまた会いましょうと言って故人を送ります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*