家族葬を執り行うにあたっての料金の目安とは

大切な人が亡くなると、遺族は悲しむ暇もなくすぐに葬儀の準備に取り掛からねばなりません。多くの葬儀では故人の友人や仕事仲間、友人、知人などが多数参列して会場はごった返して、遺族にとっては準備や対応に追われてゆっくりとしたお別れが全くできません。そんなジレンマを解消して、故人と家族との別れをいちばん大事なところに据えて全ての式次第を執り行う方法もあります。家族葬はそのまさに典型と言えるでしょう。

家族葬は多くの方の参列を断り、あえてごく近しい家族だけで葬儀を執り行う手法のこと。多くの場合には10人前後の家族が集まって故人と最期の穏やかな時を持つという内容が主になります。家族揃って食事をしたり、故人の好きな歌をみんなで歌ったり、故人の好きな服、物、花、お酒などを捧げたりと、遺族が思い描くままに自由にお別れの時を刻んでいくことが可能です。最近では宗教者なども呼ばずに全くの無宗教方式で家族葬を執り行うやり方も人気です。

さて、この家族葬を執り行うには一般の料金に比べてかなりお安くなることが予想されます。とはいえ、ご遺体の火葬などには定められた金額が必要ですし、会での食事の準備、式で飾るつけるお花の代金、写真、祭壇、会葬御礼などの準備にもそれなりの料金が必要です。また、会場の費用もかなりかかってくることとなります。すべてトータルすると家族葬として50万から60万円といったレベルから100万円くらいを上限として様々な料金体系から選ぶことができるでしょう。

また、自宅にて執り行う場合には会場費は必要ありませんし、食事も自分たちで調理するとなるとその分も安上がりになります。そうなると35万円程度で執り行うことも可能でしょう。ブラックフォーマルのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*