家族葬にかかる料金とは

近年、身内だけで密やかに行われる家族葬が増えています。一口に家族葬といっても中身はさまざまで、家族のみで行う10名程度のものから、親戚も招いて行う20名~30名程度のものもあります。どこまでの親戚を会葬者とするかについては、特に明確なルールはなく、故人の希望や遺族の判断に委ねられています。家族葬が選ばれる主な理由として、故人が遺言でそう希望していたとか、身内だけで静かに葬儀を行いたいということのほかに、あまり料金をかけずに葬儀を行いたいということもよく挙げられます。

家族葬にかかる料金の内訳は、葬儀社への支払い、火葬費用、御布施、飲食費、返礼品費などがありますが、参列者が少ないため、飲食費と返礼品費は低く抑えることができます。また、一般の葬儀と比べるとシンプルなものにしたいという要望が多いので、祭壇や装飾にもあまり費用をかけない傾向になっています。具体的な料金は、どの葬儀社に依頼するかによっても変わりますが、だいたい40万円~100万円が相場になっています。料金を安く抑えたい人は、複数の葬儀社から見積もりを取るのがおすすめです。

その時注意したいのは、一見料金が安いように見えても、あとで追加費用が発生する場合があることです。葬儀のプランや金額が明確になっているかどうか、トータルで見て判断することが大切です。中には、葬儀に本当に必要な物やサービスを削って、費用を安く見せかけている悪質な業者もあります。そうした業者は、安い葬儀費用を提示してお客を獲得し、後からどんどん追加費用を請求してくるので、注意が必要です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*