家族葬は費用が抑えられる

故人を最後は家族だけで静かに見送りたいという方が増えています。参列者は親族と故人の友人だけという家族葬は、一般の参列者がいませんから、参列者に挨拶をして応対するなどの時間を割く必要がありませんし、参列者に気を配る必要もありませんから気疲れすることなく、故人に最後まで寄り添って見送ることができます。葬儀で一番悲しんでいるのは故人の家族です。故人と向き合える最後の時間になりますから、お別れの時間を大切にするための大切な儀式になります。

葬儀は親族が久しぶりに顔合わせをする機会でもありますから、故人の思い出を語り合う時間を十分に取ることができます。また、家族葬は一般的な葬式に比べて費用が抑えられるという特徴があります。一般の参列者がいませんから、その分、香典返しや食事などの無駄な費用の負担がありませんし、見栄を張って豪華な祭壇にする必要もありません。参列者の数がわかりやすいので、予算の変動が少なく安心です。

余計な費用を抑えることができるので、低価格で葬儀を行うことができます。家族葬は、宗教や信仰にとらわれないので、無宗教でも行いやすい葬儀ですし、葬儀の形式もある程度自由に決めることができます。故人が好きだった音楽を流したり、趣味だったものを展示して親族や友人に見てもらうことができます。無宗教であれば、お坊さんがきて念仏を唱える時間がありませんから、その分故人の思い出を語る時間を増やすことができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*