心がこもったお葬式をあげるために

納得のいくお葬式をあげるためには、予算も考えなければなりません。お葬式のときに金額を気にするのは不謹慎と考える人も少なくないですが、今後の遺族の生活も考えれば、予算はしっかり考えて検討する必要があります。高ければ納得のいく式になるとは限りません。不必要な装飾が多かったり、要らないサービスがついてきて、費用が高額になることもあるからです。

必要ないと判断したら、どんなに葬儀社の人に勧められても断るべきです。お葬式は故人のために行うものでもありますが、遺族が気持ちに区切りをつける意味も込められています。どんなに簡易的な方法でも、遺族さえ納得できれば故人も満足というケースもあります。特に、故人が生前「あまりお金をかけないように」と希望していたのならば、それが故人の意思ですから、それを尊重するようにしましょう。

見送り方は色々ありますが、故人と遺族が納得できれば、どのような形式でも基本的には構いません。最近では、家族葬や密葬などこじんまりしたスタイルで行う葬儀も増えています。火葬だけ行う直葬というスタイルも、都市部では増えています。葬儀社の使命は、遺族の希望を叶えることです。

どんなに小さな形式でも気持ちがこもっていれば、問題ありません。逆に、葬儀の規模が小さいからと適当に行うような業者は利用しないようにしましょう。スタッフの態度が悪ければ、気持ち良く故人を送ることができません。お葬式は最初で最後の儀式ですから、納得いく形で行えるようにしましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*