喪服の特徴と選び方のポイント

喪服は葬式をはじめとした法要の際に着用することができる装いです。普段着とは違った格式と質があり、改まった席に相応しいもの服装となっています。近年は、結婚式を始めとした慶事とお葬式などの弔事の療法で使用可能なタイプのブラックフォーマルも売られています。しかし兼用できるタイプは喪服としては格式が低くなり略式にあたるデザインとなる場合も多いです。

そのためいざという時に困らないように、弔事専用のブラックフォーマルを用意しておくことをおすすめします。女性が喪服を選ぶ際にはいくつかのポイントに合ったものを選ぶことが大切です。その1つは、肌をあまり露出しないものを選ぶということです。スカートの丈は長めのほうが格式が高いとされています。

そして最低でも膝下のものを選ぶことがポイントです。また胸元が大きく開いたデザインは喪服としては適していません。肌を露出する面積が少ないものを選ぶようにしましょう。加えて体のラインが強調されるデザインのものも、喪服としてそぐわないといえます。

小さ目の服を無理しいて着ていると、だらしない印象を与えるので注意した方が良いです。また動きにくいと疲れてしまうので、ややゆとりのあるサイズのものが適しています。女性はワンピースやアンサンブルが多いです。ほかには、上下のパンツスーツを選ぶ人もいます。

ワンピースとスカート、さらにブラウスとジャケットなどの一式がセットになった物も売られています。このようなタイプはコーディネートしやすく便利です。喪服のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*