喪服を着るとき注意したいマナー

お通夜や告別式に参列するとき、必ず身に着けておきたいのが喪服を着用する際のマナーです。ブラックフォーマルであればどんな着こなしをしても良いというわけではなく、中にはあまり知られていないマナーも存在しています。一般的に良く知られているマナーとしては、喪服に合わせる小物として、革製品のバッグや靴を使用してはいけないといものがあります。動物の革製品は殺生を連想するため、弔事の際に身につけるのは好ましくないという発想です。

また女性のアクセサリーに関しても、涙の雫を表すとされるパール以外は好まれません。過度な装飾のアクセサリーは、パール製品であっても避けるべきでしょう。喪服に合わせる小物は、基本シンプルなデザインのものを用意しておく必要があります。衣服そのものについても、小物使いほど知られていないマナーが存在するので注意が必要です。

告別式に参列する側の人は、遺族よりも格式の高い喪服を着用してはいけないというマナーがあります。一般的にお通夜や告別式に参列する際は、準喪服と言われるタイプで参列するようにしましょう。またお通夜の際には、平服で駆け付けた方が良いと考える向きもあります。平服でお通夜に参列する場合も、黒に近い地味な色合いのスーツやワンピースなど、かっちりした印象のものを選ぶのが重要です。

平服とは普段着の意味ではないので、カジュアルな服装や明るい色合いの服装、華美な服装は厳禁と心得ておきましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*