女性の喪服には三つの種類があります

葬儀や告別式などのお葬式に参列する時には、喪服を着用することになるでしょう。喪服は格式により正と準、略の三つの種類に分けられます。それぞれの喪服は着用するシチュエーションも異なり、守るべきマナーも存在しているので、それらの違いについて把握しておくことが大切です。まず最も格式の高いものが正と呼ばれるものです。

洋装の場合には光沢感のない黒地のワンピースにボレロ、もしくはアンサンブルやスーツなどのブラックフォーマルがこれに該当するでしょう。男性で言えばモーニングといえば分かりやすいです。パンツスーツは入らないのが一般的な認識であるため注意しましょう。喪主や親族などが着用するものであり、それ以外の参列者が着用すると格上の服を着ることになってしまうので、十分に注意しましょう。

そして次に格式の高いものが準と呼ばれるものです。法事で最も多く着用されるものであり、女性であればワンピースやアンサンブル、スーツなどといったブラックフォーマルがこれに該当します。正と同じ扱いにあたり、参列者として葬式やお通夜に出る場合にはこちらを着用するものと考えておきましょう。最後に略とされるものは、喪主側から平服を指定された時に着用するものです。

ブラックフォーマル以外の黒や紺、グレーなどといった地味な色のワンピースやスーツなどがこれに該当するでしょう。急な訃報を聞いて取り急ぎ駆けつける場合にも、こちらを着用することが多く見られます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*