葬儀にふさわしい喪服の選び方を知ろう

一般的にブラックフォーマルスーツであれば、冠婚葬祭に使用することが出来るとされています。しかし実際はブラックフォーマルといっても慶弔用の分類がありますので、葬儀に参列する場合には喪服の着用が必須です。一見すると同じ様にも思えるこれらの装いには、どのような違いがあるのでしょうか。男性の場合はブラックフォーマルと喪服に大きな違いがなく、黒色が濃いスーツであれば慶弔どちらでも利用することが可能です。

しかし女性の場合は慶事用としてシフォン素材やデザイン性の高いスーツが多く販売されており、これらは悲しみの場で着用するものとしてふさわしくありません。よって女性が葬儀で着用するスーツとしては、濃い黒色で肌露出を控えたデザインを選ぶ必要があります。スカート丈もひざ下のタイプを選び、シンプルで清楚な装いを心がけましょう。以上の点を注意しておけば、葬儀の一般参列にふさわしい準喪服の装いになります。

ただし喪主や親族など葬儀を主催する側の場合には、最も格式高い正喪服を着用する必要があります。最近では男性はブラックスーツを着用しても失礼にあたらないとされていますが、その際は妻である女性が正喪服である和装をすることが多く見られます。ただし女性がスーツを着用する際は、濃い黒色で光沢感のない素材を選び、肌の露出を最低限に抑えて体のラインが出ないものを選ぶと良いでしょう。葬儀などの悲しみの場は、思いがけずに訪れるものです。

ぜひ社会人として、正しいマナーを身に付けた上でふさわしい装いを心がけてみてはいかがでしょうか。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*