喪服の特徴とデザインの種類

お葬式や年忌法要の際に着用する喪服は、普段着とは違った上質な素材と色が使用されているものを選ぶのがお勧めです。男女とも黒い色で統一した服を着る必要がありますが、その色は単なる黒ではありません。より濃い漆黒といっても良い色であるのが特徴です。喪服を着る必要がある場面は、一般的にマナーが重要となることが多くあります。

そのため日ごろから適した格式があるものを準備しておくことをおすすめします。なぜなら急に訃報を聞いてから準備したのでは、納得のいくものが見つからない可能性もあるからです。いざという時に慌てないためにも、普段から1着持っておくことをおすすめします。喪服は男性は黒い上下のスーツで、白いワイシャツに黒いネクタイを着用します。

女性も黒の上下ですが、ワンピースやパンツスーツなどがあり男性に比べるとデザインのバリエーションが豊富です。なかでも女性に多く選ばれているデザインの喪服には、ワンピースが挙げられます。袖は手首まで覆われていて、スカートの裾は膝下です。アンサンブルとなっていて、ジャケットがセットになっていることも多いです。

ワンピース以外にはパンツスタイルの喪服もあります。こちらもアンサンブルである場合が多く、パンツとジャケットにブラウスがセットになっています。コーディネートに悩まず着用できるのこういった商品のが魅力です。パンツの場合はクロップドは避け、体のラインを強調しないゆとりのあるものがブラックフォーマルには向いています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*