喪服のお手入れと女性用の最適なデザイン

葬式では必ず、全身真っ黒の装いに身を包まないといけません。日本だけでなくアメリカや韓国・イギリスでも同様であり、フォーマルスタイルでこれほど世界各国で共通しているものは他には類を見ないほどです。日本では1950年頃までは和装のスタイルでしたが、1970年代になると海外の洋服が数多く輸入をされ始めました。それに伴い喪服も洋装となって現在に至ります。

男性であればジャケットはボタン2つで袖口が小さな喪服となり、時代が変わってもそのデザインはずっと同じままです。それとは反対に、女性用は時代と共に大きく変化を遂げました。1980年代の女性用喪服は今よりも派手な姿をしていて、頭に帽子を付けて顔を隠すネットも備わっていました。これはイギリスやアメリカでは今でも身に付けているもので、一般的には喪主か親族が着用をしています。

2000年以降はカジュアルなスタイルが好まれ、ツーピースのスーツが主流となりました。今から購入をなさる方には最適なブラックフォーマルであり、デパートからスーパーマーケットの洋服売り場でも1万円前後で手に入れられることでしょう。実際に葬式に参列をした際、必ずその後はクリーニングに出しておきましょう。中には家で洗濯をなさる方のますが、ホームクリーニングだとしっかりと汚れを落とすことができず、生乾きになってしまう可能性もあります。

シワになる原因でもあるので、必ずプロにお手入れをまかせましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*