葬儀に参列する際の服装

葬儀に参列する際には、故人を偲ぶために正装をするという気持ちを込めて、略式の礼服を着用する必要があります。通夜と葬儀、告別式はその場にふさわしい服装をすることがマナーとなっています。男女ともブラックフォーマルを着用することが基本になっています。男性はブラックスーツであれば、ダブル、シングル、三つぞろいいずれも可能で、白シャツに黒無地のネクタイ、靴は金具のない黒靴を着用しましょう。

女性は、黒のワンピースやアンサンブル、スーツが好ましく、肌をあまり見せない形状の服装で、夏場でも五分袖まであるものが望ましいでしょう。ストッキングや靴は黒を着用し、金具や光沢があるものは避けましょう。アクセサリーも結婚指輪以外は外し、時計やブレスレットなどあまりにぎらぎらしているものは避けたほうがいいでしょう。女性は濃いメークや派手なネイルアートをせずに、髪も黒いゴムなどで一つに縛りすっきりまとめるのが好ましいです。

パールのネックレスは、一連のものにしましょう。二連のものは重なることを意味し、弔事では厳禁です。冬場に参列する場合は、葬儀会場の建物に入る前にコートを脱ぐようにしましょう。ご焼香場所が屋外の場合は、ご焼香をするときだけコートを脱ぎ、それ以外の時は着用して構いません。

コートの材質は、毛皮や革など動物の皮革を使っているものは避けたほうが良いでしょう。子供の場合は、乳幼児は白やグレーの服装、学生であれば学校の制服で良いでしょう。喪服のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*