新時代が葬儀にもきています

最近の葬儀は、なるべく費用をかけないことが主流になりつつあります。家族葬で、する場合が多くあり昔のように参列者も家族や親戚だけという近親者だけでします。そのために、葬儀の形も新しく進化しています。近頃は祭壇にもハイテクの技術が使用されるなど明るい雰囲気が人気があります。

時代に波はここにもきています。冠婚葬祭の中でも、悲しみが伴うのがこの葬儀です。そのために、今求められるサービスは残された家族が満足をする祭壇であり接客サービスになります。少人数での、家族葬では一人一人に対して厳粛な中にも温かみがあるものが求められる時代です。

葬儀の質を、高くするにはやはり家族と直接触れ合う葬儀会社のおもてなしが大切です。普段の日常ではない、空間でのサービスは悲しみがあるので余計に難しくなります。言葉使いにも、その一言が家族には重いこともあり選びながら話しをすすめていくことが大事です。希望を言えるのが、家族葬の特徴です。

その希望を叶えながらも、その予算内に抑えることがプロの技になります。人は何度も、このような儀式に合うことは通常はありません。慣れないからこそ、親切で細やかサポートが必要になります。家族には、最後のお別れになります。

その気持ちを、分かち合いながらまた家族が満足できるようにしていくのがこれからの在り方になります。人は、必ず誰でも最後は死にます。その最後を、家族のために演出をするのが役割であり仕事になります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*