知らないと恥をかいてしまう、葬儀のあれこれ

ほとんど場合、突然やってくる「葬儀」。故人の最後の大きな式となるわけですから、きちんと見送りたいものです。また、マナーをどれだけ身に着けているかを問われてしまうのも葬儀のつらいところです。そんな葬儀のときに気をつけたいことはなんでしょうか。

さて、葬儀の場合、一般的な流れとして通夜、告別式となります。「お通夜のときは平服でいい」と思っている人も多いですが、実はこれはマナー違反です。平服でも許されるのは、旅立ったという一報を受けてすぐに弔問に訪れる場合です。ただし、この弔問のときであっても、喪服を着てしまうと用意がよすぎるととられ、かといって原色や明るい色の服を着ているのはふさわしくありませんので、最低でも灰色や紺の地味な服を選びましょう。

通夜の席や告別式となれば、喪服を着用すべきです。また、喪服イコール黒い服、ということではありません。うっかりしやすいのは、女性が黒いワンピースでもレース素材や光沢のある素材でできたものを着てしまうことです。これらは華やかなイメージが加わってしまうため、葬儀の際はふさわしくありません。

プレーンで華美でないものを選びましょう。くつについても同様で、黒いパンプスならなんでもいいと思われがちですが、かかとが極端に高いものや、飾りのついたものは黒いパンプスであっても避けたほうがよいでしょう。なるべく飾りのない、ヒールが高くても4センチ程度のプレーンなパンプスを使用しましょう。喪服のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*