葬儀に列席するときの服装のマナー

訃報の連絡は突然やってくるものです。葬儀へ参列をするまでの期間は短いので、知らず知らずのうちにマナー違反をしてしまうこともあります。いざというときのために、葬儀のマナーについて知っておくと良いでしょう。まず最も気を付けたいのは服装のマナーです。

通夜など訃報の報せが届いて間もなく駆け付けるような場合は、平服でもかまいません。かえって正装で弔問することなどは、不幸を予感していたようにも見えるため失礼に値します。黒や濃いグレーなど、派手なものを避けた服装であればかまいません。しかし葬儀となると普段から用意しておいた方が良いもの、知っておいた方が良いものがあります。

男性はビジネス用に着る黒のスーツでも構いませんが、ブラックフォーマルのスーツを一着持っているといいでしょう。通常の黒いスーツよりも深い色合いの黒になっており、哀しみも深いことを表し、品良く見えます。女性は黒のスーツやワンピースが基本です。スカートの丈は膝が隠れるものにすることが重要です。

ストッキングと靴やバッグも黒のものを用意しておきましょう。髪が長い場合は後ろにまとめます。結婚指輪以外のアクセサリーは避け、身に付けるにしても真珠のネックレスや髪留めにしておきます。ネックレスは2連以上になると不幸を繰り返す意味合いになるので必ず1連のものにしましょう。

男女ともに、靴にも金具がついていないもので、エナメルなども避けます。バッグにしても同様です。肌を見せることも良くないので、夏でも袖丈は5分袖までのものにするようにしておきます。逆に冬場の寒い季節にはコートが欠かせませんが、毛皮や皮など、動物の殺生を思わせるものは好ましくありません。

このように、葬儀に関することは決まり事は多いですが、故人を見送るのに相応しい服装が出来るように準備しておくといいでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*