葬儀の意味と費用と今後について

人が亡くなると、お葬式をします。日本では90%が宗派はいろいろありますが、仏式のお葬式が行われます。お葬式と言う言葉は葬儀、告別式の二つの言葉から生まれた言葉で、葬儀とは、故人を無事彼岸に送る儀式であり(僧侶が読経する事が、故人の魂を慰め、閻魔大王の裁き良いものにすると言われています)、告別式とは、個人と生前親しかった人たちが、最後の別れをする儀式(お焼香がこれに当たります)です。普通前日に、お通夜をしますが、これは古代の殯(もがり)の風習から発した式で、死者を本葬するまでの間、棺に遺体を安置し、故人と別れを惜しみ、死者の霊魂を恐れ、遺体の腐敗、白骨化を確認する事でした。

そのため燈明を一晩中欠かさないことが大切でした。しかし、現在は、消防庁の指導もあり、仮通夜と言う形で、夕方6時ごろから1~2時間行われるようになりました。火葬は、故人の死後24時間以降に行うように法律で決まっているので、現在は、葬儀の前日の行事として通夜が行われるようになりました。お葬式の規模も、数年前までは費用が全国平均199万円くらいかかっていましたが、家族のみで行う家族葬が増えて、その費用も減る傾向にあります。

同じ家族葬と言っても参列者の数により、その費用は変わってきます。さらに、最近は葬儀、告別式も行わず、直接、遺体を火葬場に運び、(そこに宗教者に来てもらう場合もありますが)火葬をするだけと言う直葬火葬と言う方法も行われるようになりました。日本には、高齢者が多く今後多死社会が来ると考えられます。お葬儀式方法もさらに簡便化するでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*