葬儀の参列のケースは

葬儀は2日間にわたる通夜と告別式を予定しているケースと、家族葬や直葬など1日だけで予定しているケースとあります。喪主がどのようなケースでの葬儀を予定しているかは、ご不幸の連絡の案内文の中にある日時や日程で判断をする事が出来ます。1日だけで予定している場合は、家族や親戚以外の人が参列が可能かどうかをあらかじめ確認をしておきましょう。通夜と告別式を予定している場合は、家族や親戚以外の人の参列は通常は通夜になります。

僧侶の読経などが予定されている場合は大体2時間程度のかかると予定をしておくと安心です。会場にはあまり早く着きすぎず、ギリギリに近い状態でも充分です。喪服が用意出来なかった場合はダークカラーの衣服、つまり無彩色で黒やグレーの服であれば無難です。靴はツヤや金具がありすぎる品は避けます装飾品もはずしての参列になります。

葬儀の参列は基本的には焼香が終わり喪主の挨拶が終わるまではいる事になりますが、どうしても最後までいられない場合はタイミングとしては僧侶の読経と参列者の焼香が終わったくらいに目立たないように静かに会場の後方から出て中座します。この時には受付の係の人には中座してしまう事のお詫びと喪主をはじめとしたご遺族へのお悔やみの言葉を短めに伝えておくと良いでしょう。長く話すよりも短めに収める事で控えめな印象とお悔やみの気持ちを相手方に伝える事が出来ます。会場によっては清めの為の塩が無い場合があるので、葬儀会場を出てからお清めの為の塩があるかどうかは帰宅する前までに確認をしておきましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*