故人を自然の中に葬る葬儀とは

葬儀には宗教などによってさまざまな種類がありますが、近年日本国内で非常に高い人気を誇るようになってきたのが自然葬という葬儀のタイプです。これは自然の中で葬儀を行うというようなものではなく、あくまでも故人を自然の中に葬るという形で行われます。例えばかつてまで葬儀が終わった後の遺骨は一族のお墓に納骨することが一般的でしたが、自然葬においてはお墓への納骨が行われるわけではありません。最も多く行われている「樹木葬」では、故人が好きだった樹木を選び、植樹したうえでその下に遺骨を納めるという形になります。

生前、自然を愛していた人にとっては最期の孝行のひとつとなるほか、遺族としても樹木が育っていく様子を見て故人を偲ぶことができるというメリットがありますから、非常に好まれるようになりました。またこうした樹木葬のほかにも、ドラマや映画などで広く知られるようになったのが散骨です。これは遺骨の一部を粉末状にして山や海に撒くことで自然の中に葬るという方法です。例えば故人が海を愛していたのであれば海に散骨することとなりますし、山に縁深い人であったのであれば山に散骨することになります。

もちろんどのような場所でもできるというわけではありませんし、勝手に他人の土地に散骨するということは認められませんが、葬儀の形が増えたことによって、こうした方法は全国で行われるようになりました。故人のために遺族ができることはかつてよりも多くなっていますから、さまざまな選択肢を事前に知っておくことをお勧めします。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*