葬儀は人生最後にできる挨拶

人が死んでから葬儀は行われるものですが、これは誰かが望んでしたり、あらかじめ決めておくものではありません。ほとんどは突然、思ってもいなかった時に始まっていくのです。中にはある程度の時間が分かっている場合もあります。お医者様から余命が告げられている時などです。

それでもある程度です。その場合は本人や家族は心の準備を少しすることができるかもしれません。そして、その時が来て、葬儀となるのですが、近年では葬儀は大々的に行うことより、より少ない人数の家族葬や中には直葬にされる方も多くなってきているのです。でも、それが風潮だからと言って経済的にもあまりかからないようなものばかりになる必要はないのです。

亡くなった本人の意向は大切ですが、葬儀は生きている人がきっちりお別れができるような場にするものだと思います。何となくあまり知り合いの人にも伝えないような葬儀はあまりにも亡くなった人にも失礼なものになるのではないでしょうか。多くの人にさよならを言っていきたいと思って居られるかも知れないのです。今までたくさんのお世話をしてもらった方のお別れには、残された家族や親戚の人たちの手で精一杯の感謝を込めてお別れをするのが、これから生きていく人達にとっても、とても意味のあるものになります。

そこには決まり切ったものでは無い、本当に一生懸命生きてきた人を悲しみ過ぎずに、沢山の人の力を借りて最後のお別れをしたいものです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*